ABOUT THE ARTIST ABOUT THE ARTIST

しょうぶ学園展

開催場所:竹添邸
しょうぶ学園展Shobu Gakuen Exhibition
しょうぶ学園展 Shobu Gakuen Exhibition

しょうぶ学園は、鹿児島市中心部から約10キロほどの距離にある吉野台地の一角にあります。桜並木をくぐり抜けると大きく成長したヒマラヤ杉が憩いの場に影を落とし、木々の合間のところどころに小川が流れ、樹齢250年のたぶの木が大きく手を広げるように人々を見守っています。
こうした自然環境の中、1973年の設立以来、施設を利用する人たちの創り出す力に魅了され、染め織りからスタートした学園の工芸活動は、木工、陶芸、和紙と少しずつアトリエを増やし、さらに絵画、造形、刺繍(nui project)音楽(otto&orabu)といった芸術や表現活動へと広がりました。工房では、自分を表現するために大切にしている時間と空間、素材に逆らわない彼らのものづくりに自分のスタイルを持つことの楽しさを学びながら、その自由で力強いメッセージと個性を映す「行為」の美しさを社会に発信しています。
また、2006年のキャンパス改築に伴い、「衣、食、住+コミュニケーション」を大きなテーマにカフェやベーカリー、蕎麦屋といった食の工房やギャラリーなども加わり多彩な才能の発露の場として数々の試みを行ってきました。さらに、2019年には表現活動の普及と地域文化の向上をめざして250名収容のホールを併設した、しょうぶ文化芸術支援センター「アムアの森」を開設しました。新しい“SHOBU STYLE”は、未来を描く人と環境のインターフェイスとして存在し、障がいのあるなしに関わらず、ここに集う人々の幸福につながる創造的なコミュニティとなることを願って歩み続けています。

社会福祉法人 太陽会 障害者支援センター SHOBU STYLE(しょうぶ学園)
〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町5066番地
TEL:099-243-6639/FAX:099-243-7415
mail:info@shobu.jp
https://www.shobu.jp

北薩の工藝展

開催場所:税所邸
SPACE A

北薩にゆかりのある三人の作家と竹添邸にて開催されている
「しょうぶ学園」の作品を展示・販売いたします。

川野 恭和Michikazu Kawano
艸茅窯 Sobou gama
川野 恭和 Michikazu Kawano

<略歴>
1949年 鹿児島県志布志町出身
1974年 瀬戸窯業専修訓練校卒、瀧田項一※に師事
1980年 鹿児島県大口市に開窯
○ 国画会展前田賞受賞
○ 日本民芸館展奨励賞受賞
※ 瀧田項一:富本憲吉に学び濱田庄司に師事した、民藝磁器の作り手の第一人者

小春日和と言うには少し遅いかもしれないが、寒い日が少し続いた後に来た気持ちいい晴れの日に、伊佐市大口にある〈艸茅窯〉を尋ねた。南国で暖かいイメージのある鹿児島県だが、鹿児島北部に位置する伊佐市は盆地ということもあり『鹿児島の北海道』と呼ばれているほど寒い場所である。
 道を何度か間違えて予定時刻よりも大幅に遅れてしまったのだが、工房で既にろくろを回して作業していた川野さんは「自由に撮影して大丈夫ですからね」と、気さくに迎え入れてくれた。そして、作業の背後から色々と話しかけるのはちょっと申し訳ないなと思っていた僕の心を見透かすかのように「作業で前を向いてるけど、耳と口はそっちを向いてるから」と優しく声をかけてくれた。
 会津で修行して鹿児島に戻ってきた川野さんが、この地に工房を構えたのは40年ほど前、元々は芋畑だった土地に9ヶ月かけて登り窯を築いた。その初窯で焼いた作品は段ボールに詰め熊本人吉の老舗民藝店へ持ち込んだ。「極度の緊張状態で行きました」と当時のことを懐かしみながら教えてくれた。
 ここ最近は朝5〜7kmほどの散歩をして、ピリピリとした冬の空気を感じてから1日を始めていると言う川野さん。「朝焼けがきれいなんですよ」と雄大に広がる伊佐米の田園から見える風景を僕らに語りながら、「後世に伝わる技術を繋げたい」と日本の民藝界の未来を見つめるその目は、穏やかな表情の中にはっきりとした意志を感じた。

佐々木 かおりKaori Sasaki
野はら屋 Nohara ya
佐々木 かおり Kaori Sasaki

<略歴>
1971年 鹿児島県薩摩川内市祁答院町出身
1995年 沖縄の北窯松田米司工房で修行(〜2005年)
2006年 薩摩川内市祁答院町にて開窯

薩摩川内市にある祁答院という地名。響きがカッコイイと感じるのは花京院典明のイメージが強いから?そして東北の仙台には花京院という町があるというから多少ややこしい。
〈野はら屋〉に着いてまず出迎えてくれたのは、尻尾がふさふさの白黒の猫と、首にマフラーのように長い毛を蓄えている黒猫の2匹だった。そして目線を上に向けていくと、その先にいた佐々木さんが手にしていた器をテーブルに置きこちらを見てにっこりと微笑んでいた。
大学への進学を機に沖縄へ住むことになった佐々木さんは、在学中にアルバイトをしていた窯元にそのまま弟子入りし、10年間修行したのちに実家のある祁答院に戻り独立した。焼き物の道に入ったのは「ひとつの物事を集中して極めていく職人の姿がかっこいいと思ったから」と謙虚な姿勢で語っていたが、自身の中の衝動に正直に従うその行動には、当時から充分に職人としての気質があるように感じる。
沖縄では、地域に根差し普段使いできる器を作ることを学んだので、地元に戻ってきてからも、鹿児島だから作れるものを目指し、日常に自然に馴染む器を作ってきた。そんな佐々木さんは現在、自宅から徒歩3分ほどの築80年の古民家を改修して新たな工房を作っている。毎朝、畑を抜けて行くその通勤路は想像しただけで画になる。そして新しいその場所でも、コーヒーを淹れ、楽しい「ゆんたく」時間を過ごすのだろう。

城 雅典Masanori Jo
陶磁器 Pottery
城 雅典 Masanori Jo

<略歴>
1979年 茨城県出身
2005年 佐賀県立有田窯業大学校専門過程陶磁器科卒業
2013年 鹿児島県出水郡長島町 杉本酒造にて作家活動を始める
2017年 同社を退社
現在、日置市美山を製作の拠点にし、県内外で活動している

「あ、いらっしゃ〜い」と柔らかい物腰で工房へ招き入れてくれた城さん。茨城県出身、佐賀県で有田焼を学び、2013年に長島町の杉本酒造へ。午前は酒造で働き、午後に制作活動をする、という珍しい働き方をしていた。聞き流しそうになったが、敷地内に工房と窯がある杉本酒造という存在がまず凄い。現在は薩摩焼の里美山に本拠地を移し、それまでの磁器に加えて白薩摩焼の作品も作るようになった。
近年ではお店とのコラボレーションも多く、常に使う人のことを考え実用性を大事にしているという器たちの評判はすこぶる良い。それは、必ず顔を合わせる時間をつくり、依頼人とお互いのイメージを共有しながら制作にとりかかっているからだろう。
ろくろの先に想い描く、それを使う人と真摯に向き合う城さんの作品たちは、どれも不思議な優しさに包まれている。本人の温厚で優しい性格が溢れ出てしまっているのだろう。個人的にもっともそれが感じ取れるのが毎年の干支をモチーフにした作品だ。まるでフィギアのようなサイズ感でひとつひとつ丁寧に手作りされていて、表情や形が少しずつ違い、それぞれが個性豊かな雰囲気を出している。
その他、使う人の想像力を何倍にも広げてくれるリング状の花器や、ランプシェードなど、新しいことへも貪欲に挑戦している。城さんの中にある豊かな発想力と好奇心から生まれる作品を手に取ると、不思議とワクワクしてくる。

アーティスト紹介動画

SPACE B

2016年に発行した出水のフリーペーパー「True ぼくらの出水案内」のイラストを
担当した江夏潤一と出水出身のアーティスト247 POKOの作品を展示・販売いたします。
本イベントにあわせ「True」も再発行しました。

江夏 潤一Junichi Koka
イラストレーター illustrator
江夏 潤一 Junichi Koka

1979年鹿児島市出身。&PremiumやFineなどの雑誌や、広告、ツアーグッズ(キリンジ)、WEB、雑貨等へのイラスト提供など、様々なジャンルで仕事をしています。1993年出水市出身。生きていく中で感じた事、学んだ事を作品として昇華しています。

247 POKO247 POKO
アーティスト Artist
247 POKO

作品は1つの生き方や考え方の表現でBounceする音とPOPSの音色から影響を受けています。

※各イベントについての詳細はこちらからご確認ください

OUTLINE OUTLINE

展示期間:2021年2月1日(月)〜7日(日)※DENKEN WEEK開催期間中、常設。

しょうぶ学園
竹添邸 (GoogleMap)
川野 恭和、佐々木 かおり、城 雅典、しょうぶ学園
税所邸 スペースA (GoogleMap)
江夏 潤一、 247 POKO
税所邸 スペースB (GoogleMap)

新型コロナウィルス感染症対策について

  • 会場の武家屋敷は常時換気を行っています。
  • ご来場の際は、マスクの着用・手指の消毒・検温等のご協力をお願い致します。
    体調がすぐれない方、発熱、風邪等の症状のある方はご来場をお控え下さい。混雑時には会場の入場を制限いたします。
  • 新型コロナウイルス感染症の状況により、内容等が変更、または中止になる可能性があります。